2014.09.01

MEMOHT

gandhi

茨城で暮らす親父を数年ぶりに訪ねた。
65の時に人生の集大成的な大作を上梓したので、今やすっかり隠遁生活を
送っているのかと思っていたが、今度は死をテーマに書いているんだとか。
全く、肉親ながらすごい人だなあと思う。
傍らに転がっていた「人間臨終図鑑」に、息子としてはぞくっとしたけど、
父も老人になり真摯に死と向き合っているんだなと思うと、ちょっとしんみりもした。
孫との初顔合わせは格別感慨深いんだろうな。
目尻の下がった翁が、いつにも増してガンジーに似て見えた。

Comments are closed.


写真:ハタヤテツヤ

hatayatetsuya.com

ハタヤテツヤ
Piano, Keyboard, Compose

info@hatayatetsuya.com

categories