2017.07.20

@Bunkamura studio

REC@A Studio
7/19 晴
Steinway D-274
20170719

某化粧品メーカーのCM音楽録音 w/徳澤青弦
15秒×2テイク、流れ作業のような仕事だったけれど
青弦の音楽愛にいたく感じ入りました。
今度はもう少しじっくり取り組みたいね。

2017.07.16

JOIN ALIVE ’17

EW@JOIN ALIVE 2017
7/15 晴時々曇 北海道 岩見沢グリーンランド
20170715

2017.07.10

@日比谷野外大音楽堂

EW@日比谷野外大音楽堂
「Dance,Dance,Dance」
7/9 晴
20170709

20170709_2

2017.07.02

DIY

20170702

2017.06.25

MEMOHT

20170624

母校の同窓会にて、賑やかしの大役を拝命。
諸々イレギュラーな環境ではありましたが、
会場常設のピアノが思いの外コンディション良く、
15分即興一本勝負、やり切りました。
しかしソロ演奏は奥が深い。伴奏とは何もかもが違う。
こういう機会をもっと増やしていかねばと思った次第です。

2017.05.25

MEMOHT

20170519

20170519_2

20170520

5/19 HITOMI OTSUKA HATAYA TETSUYA 食×音 @福岡博多
5/20 CIRCLE @福岡海の中道海浜公園 細野晴臣バンド/EGO-WRAPPIN’

個人的にはYMOのイメージが強い細野晴臣さんですが、
遡れば自分が生まれるずっと前から第一線で音楽をやられてこられた訳で..
レジェンドと一緒に音を出せる有り難みを噛み締めながら、
初参加・ホソノバンドは無事終了しました。
それにしても格好良い好々爺でした。

2017.04.27

MEMOHT

重助菩薩

今年古希を迎える親父に代わって、不肖の息子がwwwで宣伝させていただきます。
筧次郎初の短編小説集「重助菩薩」5/12発売。
========
筑波山麓で就農してから34年。
その間、百姓暮らしが与えてくれた視座と仏教に教えられたものの見方によって、
農業のこと、環境のこと、近代の歴史、死生観など、いくつかの文章を発表してきました。
そうした文章は、ひたすら論理の正確さだけを求めたため、感情の部分を抑えています。
そのため、本を上梓するたびに短編の物語を書いてきました。
この小説集は、いわば今まで書いてきた本の挿し絵のようなものです。
私の本を読んでくださった方に、ぜひともこの小説集も読んでいただきたいと思っています。
きっと前の本がいくらか身近になることと思います。
筧次郎
========
今から34年前、僕がまだ小学校低学年の頃から茨城で単身就農し己を貫いてきた父の姿は、
僕の人生観にも少なからず影響を与えていると思います。
いつだったか彼に言われた「農民が聴きたいと思う音楽をやれ」という言葉は、
折に触れて思い出す座右の銘。
この度初の小説集を上梓するとのことで、今まで見ることのなかった彼の心のひだに
触れることができるのではと、息子としても密かに楽しみなのです。
機会があればぜひ手に取ってご覧ください。

2017.03.23

MEMOHT

20170323

年に数回出動要請があるアコーディオン、今まではレンタルかトンボの
スチューデントモデルで対応していたけれど、そろそろちゃんとした楽器を、
ということでエキセルシャーのビンテージを入手。
バンドアンサンブルの中では特に必要ないのですが、良い機会なので左手ボタン
(ベース&コード)を地道に練習したり。

これだけ自在に操れるようになりたいものです..

2017.03.11

MEMOHT

20170219

渋谷オーチャードホールでの千秋楽を以って「歌縁」ツアー無事終了しました。
お世話になった皆様、ありがとうございました。
コンサートの模様は来月、CSファミリー劇場にて

諸々ひと段落して、最近はジャズ勉強会に参加したり楽器を物色したり。
Shiho、鈴木正人さんとのセッションライブ@大阪も楽しかったな。
まだまだ勉強することはたくさんあるし鍛錬の道は果てしないですが、
心折れずに続けていて良かったとも思う今日この頃。

2017.02.14

Speak No Evil TOUR

20170205

Speak No Evilで京都West Harlem、徳島WORLD EXOTICA、
広島Setoumi Music Festivalと周ってきました。
“Island Jazz Session”から約2年を経て、より密なバンドサウンドに。
InterFM JaJ Awardsのベストカバー部門受賞、5月の沖縄宮古島フェス参加など
じわじわとシーンに浸透していくのを実感しています。

****************
20170214

制作では新たにオーケストラ音源“Miroslav Philharmonik2”を導入。
「一音を押さえているだけで、指が自然にフレーズへと導かれる」というコピーに
偽りなく本当によく出来たサンプルで、アレンジ作業もはかどりました。
某歌物楽曲をオーケストラ編曲ということで、こちらはお蔵入りになったテイクながら
気に入っているもの
アレンジの世界も奥深い。特に管弦の探求をもっとしたいなと思う今日この頃です。